動画・CM

Insta360スタジオを使えば360度動画も簡単編集 360度カメラを使って楽しもう!

Insta360スタジオを使えば360度動画も簡単編集

おっち
おっち
こんにちは「おっち@occhifbp」です。段々と360度動画や写真を目にすることが増えましたね。今回はInsta360スタジオを使えば、360度動画も簡単に編集できるので、そちらを紹介していきます。

360度カメラを一度手にすれば楽しくて手放せなくなります。「Insta360 ONE X」のカメラを使いながら解説していきます。


Insta360 Studio をダウンロード

まずはInsta360 ONE専用のPCアプリをダウンロードしましょう。

こちらの公式サイトよりまずはダウンロードして下さい。

Insta360 Studio を立ち上げる

アプリをダウンロードし、立ち上げると上のような画面になります。(画像はMac版です)

英語版ですが内容は下記となります。

Stabilization(手ブレ補正設定)

・Use FlowState Stabilization – ブレ補正処理ON
・Lock Direction – 正面固定ON(OFFにするとカメラと同じ向きに視点も変わります。)

上記は2つともON(チェック)しておけば問題ないと思います。

Stitching

こちらの項目はカメラにレンズカバーなどを使用した場合に設定する項目です。基本は「 Nolmal」にチェックを入れておけばよいでしょう。

データをカメラからPCに取り込み編集

データをアプリにアップロードする前にInsta360カメラからPCに取り込みます。手順は下記となります。

  1. Insta360カメラの電源をつける。
  2. 付属のコードでPCとカメラを繋ぐ
  3. フォルダより必要な画像をコピー

ここで幾つか注意です。②の付属のコードでPCと繋ぐとハードディスクモードになります。下図の様に「U Disk」と表示されていれば、ディスクトップにフォルダが出てきます。

あとはフォルダ内より必要な動画データをコピーするのですが、拡張子が「.insp」は画像データ。「.insv」が動画データとなります。

高解像度(5.7K)で撮影した場合ファイルが2つ出てきますが、どちらもPCへ保存しておきましょう。PCアプリにアップするのは「VID_〇〇_00_〇〇〇.insv」という「00」が付いているファイルとなります。

Insta360 Studioへ動画をアップ

再びここでPCアプリの画面です。画面左側の「データを取り込むエリア」へ動画ファイルをドラッグすることで、動画を取り込む事ができます。

動画を取り込むと左側に「動画ファイル名」が表示され、右側の「Application」エリアには「Stitching Optimization」「True Audio」「Play rate」が追加で表示されます。下部には動画の長さ分のタイムラインが表示されるようになります。

追加された「Application」の各項目設定は下記となります。

Stitching Optimization(ステッチの最適化)

・Dynamic Stitching – 動画の境目をより綺麗に繋ぎ合わせる。※設定ONにしておきましょう。

・Chromatic Calibration – 色の調整をします。ここも設定ONで問題ないです。

True Audio

設定により風などのノイズを減らす事ができます。「Vocal Enhancement(声を強調)」「Background Noise Reduction(周辺ノイズを削減)」ここは用意した動画に合わせて設定しましょう。

Play rate

動画の再生速度を設定します。基本は「None」で問題ありません。

Stitiching Calibration

スティッチングの校正となります。1回クリックしておけば問題ないでしょう。

Logo Settings

カメラの位置にロゴを配置できます。これにより撮影者を隠すことができるので地味に便利な機能です。

ロゴを設置しないと真下に撮影者が映ってしまいます。

ロゴ配置50%設定で上図の様になります。

100%設定でほとんど見えなくなります。画像は500×500ピクセルのものを用意しましょう。

360度動画編集画面で見ると下図のようになります。

以上が基本設定の解説となります。

360度・通常ビュー切替

「360度・通常ビュー切替」では下記のように画面が切り替わります。

「Free Capture(通常ビュー)」にすると、Insta360 ONE Xで撮影した360度動画を通常の映像として編集も可能です。

おっち
おっち
360度動画以外も編集できるInsta360は優秀だね。これ1つでかなり楽しめるはずです。

それでは次に360度動画の書出し進みます。

動画の書出し

右上箇所にある書出しボタンを押すと、画面中央に注意ウインドウが出てきます。OKボタンを押すと画像の設定に進みます。

基本的にさわらずで問題ありません。主な項目は

・Resolution:動画サイズ
・Bitrate:画質が高いか低いか。高画質になれば綺麗だがデータ量は増えます。
・Encoding Format:YouTubeを利用の場合「H.264」で設定。年々このフォーマットは変わっていきます。利用するメディアで変更するのがベスト。

設定を終え「OK」ボタンを押せば書き出しが始まります。指定した場所にデータが保存され終了となります。

まとめ

おっち
おっち
いかがでしたか?基本的なことのみ解説してきました。これだけでも十分360度動画を楽しめるはずです!

出来上がったデータはYouTubeなど360度動画に対応しているSNS等で利用できます。簡単に編集し360度動画ライフを是非お楽しみ下さい。

最新の360度カメラはこちら

こちらの記事もあわせてご覧下さい。

[OSMO POCKETレビュー]開封からアクセサリー使用感を紹介OSMO POCKETと周辺アクセサリーを紹介していきます。実際の使用感や撮影した映像などもあわせてご紹介。購入を迷われている方は参考にしてみてください。少しでも悩み解決の助けになればと思います。...